work人と仕事を知る

WORK店舗運営責任者の仕事

金須 良太

山野美容芸術短期大学 卒業

スタッフ一人ひとりが働きやすい環境を暖かな店づくりをリードして、お客様の暮らしを身近でサポート

店舗運営の責任者は、地域のお客様に貢献できる店づくりをするためにスタッフ一人ひとりが働きやすい環境整備に励んでいます。毎日、チームで力を合わせて、お客様の暮らしを暖かく支えるサンドラッグらしさを発揮しています。

店舗の運営で成果を残すということは、店の売上だけではなく、会社全体に好影響を及ぼすことができるのでやる気につながります

朝の仕事は商品を品だししやすいようにジャンル分けするところから始まります。その後、スタッフの皆さんと一緒に品だし、新商品展開、商品発注と、こうした仕事を午前中のうちに行っています。
午後は接客をしながら、売場を改善したり、事務仕事を行い、夕方には本部から指示された作業のチェックや部下への指示・教育、そして遅番の場合は翌日に備えた事前準備や売場のメンテナンスを行います。
店舗運営責任者になりたての頃、「これは売れる」と感じた商品を大きく陳列したところ実際に多くのお客様にお買い上げをいただき、商品部の方からも「参考にしたい」と販売手法を聞かれるなど反響を呼びました。店舗の仕事はお客様の期待に応えると同時に、全社へ影響を及ぼすことができるのだと、そこで評価されたことが今も大きなモチベーションになっています。

正確に業務を行うことはもちろん、店舗スタッフ全員で楽しく前向きに仕事ができる環境をつくることが大切です

責任者として店舗を運営していく上で大切なのは、業務の正確さはもちろんですが、ここで働く全員が働きやすい職場をつくることだと考えています。そのために全従業員の働きぶりに目を配るように心がけています。スタッフ間の仲が良いだけではなくお互いに高めあっていけるような店づくりを大切にしています。
そのために情報共有などをしっかり行い、ミスがあっても叱るのではなく、アドバイスを行ったり本人が気づけるような環境づくりを心がけています。そして一人ひとりが前を向いて仕事ができる店舗となることを意識しています。
このようにして楽しく、前向きに仕事をしているおかげか、私が携わったアルバイトの学生が何人もサンドラッグに入社してくれています!

サンドラッグは努力する姿を必ず誰かが見ていて評価してくれる会社。だからこそ、いつも笑顔で接客することができています

サンドラッグは駅前型、郊外型、プラム、かかりつけ薬局、小商圏型、など、多くの業態お客様のニーズに応えているところが一つの強みです。それぞれのお店で親身になって接客を行っているからこそ、多くの方に評価していただけるのでしょう。私の店舗でも、たとえば体調を崩しているお客様には、長々と商品情報を語るのではなく、お客様の知りたいことを素早く見極めそれを伝えるなど、相手の気持ちをつねに意識して接客を行っています。
私はいつも笑顔を大切にしており、先輩や同僚からそれをほめられることもあります。サンドラッグは努力を誰かが必ず見ていてくれる会社です。だからこそ、今後も美と健康を通じて、地域のお客様に貢献し、その先の夢を叶えていきたいと思います。